11/2(土)主婦会館プラザエフでミニ企画⑪「WHAT’S YOUR PEACE」を開催しました。今回は高校生100万人署名に取り組んでいる高校生から50代まで幅広い年代の11名が参加しました。

当日の様子

会場風景

講話は松永さんのこれまでの経験、想いをお話し頂きました。「これが正解ということではない。次の交流の時間を通じてみなさんと一緒に考えていきたい。」ということで、茶話会では継承をテーマに参加者ひとりひとりの経験や想いを交流しました。

松永さんの講話(1)

松永さんの講話(1)

 

松永さんの講話(2)

松永さんの講話(2)

 

◯共感する面がとても大きく少し泣きそうになりました。継承の課題・教育についてしっかりと考えていこうと思うきっかけになりました。このような色々な方の意見を聞く機会そのものが本当に貴重だと思います。今後の糧にしていきたい。(17歳 高校生)

茶話会の様子(1)

茶話会の様子(1)

◯私たちは被爆者ではないから体験を語ることはできないけれど聞いて感じた想いを残していくことはできる。本当にそうですね。(20代)

◯高校生の言葉、存在に大きな希望も感じました。(50代~)

茶話会の様子(2)

茶話会の様子(2)

松永さんお話や茶話会でのみなさんのお話にすごく共感しました。
そして、今まで出会ってきた被爆者の方を思い浮かべながら、 被爆者から託されたバトンをつないでいくランナーは同じような悩みを抱え、 それでも、それを乗り越えながら頑張っている。
被爆者の◯◯さんや✕✕さんがこの場にいたら喜んだろうな~と思いながらお話を聞いていました。
短い時間でいたが、ほんとうによい出会いと交流の場だったと思います。

参加いただいたみなさん、そしてメインスピーカーの松永瑠依子さん、 今回の企画から進行役までがんばってくださったボランティア・スタッフの中尾詩織さんに あらためてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

始終笑顔の松永さん。すごくアットホームなあつまりでした。

始終笑顔の松永さん。すごくアットホームなあつまりでした。

企画から司会進行まで担当した中尾さん。

企画から司会進行まで担当した中尾さん。