会場へのアクセス、参加申込みフォームはこちら

開催趣旨

広島、長崎に原爆が投下されて73年、「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」を設立して6年が経ちました。様々な形の「継承」の事例を通して、被爆者たちの記憶を後世に残し伝えることの現代的な意味を考える公開ミーティングです。原爆とたたかいながら生きてきた被爆者の足跡を未来につなぐために、必要なことはなにか・・・参加する皆さんと考えます。そして、活動の拠点となる「継承センター」の設立をめざし、ともに参加し支える人の輪を広げます。

―概要とスケジュール―

開催日2018年12月15日(土)13:00~16:30

開催会場:武蔵大学(東京都練馬区豊玉上1-26-1) 1号館地下1002シアター教室 他

     催:日本原水爆被害者団体協議会/ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

     武蔵大学・日本生協連・東京都生協連

参加対象被爆体験の継承や被爆者運動の歴史に関心のある方ならどなたでも。

当日スケジュール(予定)                      ※ 会場内に、収集資料の一部を展示する予定です。

13:00 オープニング(武蔵大学永田ゼミによる映像作品の上映)

ご挨拶(日本被団協)

「受け継ぐ活動」の紹介

① 未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト(協力:東京大学渡邉研究室)

② 被爆者運動史料を後世につなぐ

(協力:昭和女子大学歴史文化学科「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト―被団協関連文書―」)

③ 継承する人をつなぐプロジェクト(中尾詩織さん)

④よみがえる奈良県原爆被害者の記録~手探りの掘り起こしから継承へ(奈良県 入谷方直さん)

14:40 (休 憩)

14:55 公開ミーティング「みんなでつくる、これからの『継承』とは?」~4つの活動の報告者を交えたミニワークショップ

16:00 全体まとめ(4つの活動の報告者からのコメント)

16:15 継承する会からのよびかけ

16:30 閉会

参加費社会人・おとな=500円、 学生=無料

―お問い合わせ―

特定非営利活動法人 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会 (直通TEL/直通FAX 03-5216-7757)