《被爆者運動に学ぶ学習交流会》

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会では、被爆者の方や研究者の方を囲んで、原爆被害や継承のあり方について学ぶ学習会も開催しています。過去の研究や調査から、現在の問題解決に向けて、参加者皆で話し、考え合う場としています。 これまでの取り組みと今後の予定はこちら  

 

《継承活動に取り組む人々をつなぐプロジェクト》

全国各地にて継承活動に取り組む方々を当会が取材し、上記のWebサイトにてインタビューやレポート記事の形式で掲載していくプロジェクトです。ライターとして協力いただけるボランティア募集中。 これまでの取材記事、ボランティアの募集要項はこちら

 

  《『【映像作品】原爆は人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった』の制作》

ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会では、原爆被害について、近年注目が集まっているその「非人間性」を被爆者自身が告発するため、映像作品「原爆は、人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった」を制作いたしました。 【映像作品】原爆は人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった(2014/7/20) 被爆者が証す原爆の反人間性シリーズの第1回映像作品(4つのパートからなる36分の作品)はこちら

  2017/09/25 【韓国】8/9岩佐代表理事のお話(DVD)を韓国のピースアカデミーで上映しました

2014/07/24 【映像作品】「原爆は、人間として死ぬことも生きることも許さなかった」公開

 

《ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク》

2014/11/08 「被爆の証言を聞くつどい」を開催しました

2014/08/24 「被爆の証言を聞くつどい」を開催しました