5月24日に開催された「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク」第2回打ち合わせが開催され、ネットワークで聞き取った被爆証言をもとにした、日本被団協と協力して被爆70年、2015年NPT再検討会議に向けた冊子をつくることになりました。

この冊子は、NPT再検討会議に参加する日本被団協の代表の国連の各国政府代表部への要請行動や、国内で日本政府に要請する際に活用し、また代表を派遣する諸団体などで事前学習や現地行動のときにも使えるものとし、12月に日本語版を、来年3月に英語版の発行をめざします。この冊子の編集などの実務作業を進めながら、12月に予定している「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐつどい」の企画なども検討することになりました。

冊子編集のための第1回作業日及び次回打合せを、下記の要領で開催しますので、ご案内いたします。

このネットワークはグループ、個人どなたでも参加できる、各地の取り組みを結ぶゆるやかなネットワークです。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

参加いただけない場合でも、この間の取り組みや今後の予定、被爆証言の記録(聞き取り票)をお寄せください。

 

参加される方は添付の参加申込書にご記入いただき事務局までお送りください。

 

【ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク第1回作業日】

(日時)2014年6月21日(土)14:00~16:00

(場所)主婦会館プラザエフ5F会議室

(内容)被爆70年、NPT再検討会議に向けた冊子の編集方針について

ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐつどい(12月)について

Webサイトでの情報発信について

被爆の証言を聞くつどい(仮題)の開催について

【ニュース】20140621_ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク作業日のご案内

【ニュース】20140621_参加申込書フォーム