この会では、「未来につなぐ被爆の記憶プロジェクト」として、デジタルシステムを活用して被爆者の体験を聞き、交流する試みをすすめてきました。この度、この取り組みを全国各地で展開できるように「整えたシステム」を情報開示し、実地に説明・紹介するとともに、オンラインを活用した平和活動について事例紹介と交流をすすめようとするものです。
学習会の要領は、次の通りです。
【名 称】未来につなぐ被爆の記憶~オンラインを活用した新たな継承へ~
【日 時】2020年7月21日(火)13:30~15:00
【会 場】オンライン(全国どこでも参加可能)
【主 催】ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会
【共 催】日本生活協同組合連合会
【協 力】東京大学大学院情報学環 渡邉英徳研究室
ダーウィンエデュケーション株式会社
【連絡先】日本生活協同組合連合会 社会・地域活動推進部 組合員活動グループ
E-mail:kumikatsu@jccu.coop

 

詳しくはこちら